ゴマソフトも強い 道の駅しかべ間歇泉公園

道南ドライブの途中で休憩に伺いました。

道南の鹿部町にある「道の駅しかべ間歇泉公園」は開業から3年で来園者数100万人を超える人気の道の駅です。

売りは噴きあげる大迫力の間歇泉や足湯が楽しめる「間歇泉公園」と鹿部グルメが堪能できる「鹿部食とうまいもの館」、温泉とグメルの二刀流情報発信基地。

場所は鹿部町内、大きな道の駅の看板が目印で初めての方でも問題ないと思います。混雑時には誘導員の指示で駐車して下さい。

メディア等でも取り上げられた「浜のかあさん食堂」がたべ系の名物。

本日も11時過ぎから行列ができ始めております。

しかぁ~~し、私の目当てはソフトの方。

とりあえずソフト、すべてはソフト食べてから考えます。

目指せソフトコーナー。

やや並んではいるものの程なく注文カウンターへ。

■ソフトのラインナップ

◇カールス君ソフト(ゴマソフト) 350円

◇カールス君ミックス(ゴマミックス) 350円

◇北海道生乳ソフト 300円

◇いずみちゃんミックス(イチゴミックス) 300円

◇いずみちゃんソフト(イチゴソフト) 300円

カールス君といずみちゃんはご当地キャラで私は気にしたこと無いので説明はパス。

記憶にあるのは美味しいゴマソフトがここにあるということ。

相方に「途中に、うんまぁいゴマソフトあるよ、濃厚系のヤツ」と振ってみると速攻食いつき「絶対食べる」とのこと。

■で、オーダー

◇カールス君ソフト(ゴマソフト) 350円

■相方のオーダー

◇カールス君ソフト(ゴマソフト) 350円(私のおごり)

350円と他のソフトよりワンランク上の値段設定だけど、ずっしりと持ちこたえのある重量。

一口め、「ゴマが濃い~」、密度が濃くて濃厚な口当たり、そしてしつかり主張してくるゴマの香ばしいかおりがドライブ中の休憩にぴったし。甘さは強い方ですが、しつこい訳ではありません。

駒ヶ岳噴火により大きな被害を受けたものの、降り積もった軽石がやがて湿地帯の土壌改良や昆布生育に役立ったとの説明。

降り積もった軽石をイメージして開発されたこのがこのゴマソフトとのことでした。

これだけの品質に仕上がっているのだから開発し甲斐もあると思いますしファンもいるでしょう。

道内のソフトハンター(今考えたフレーズ、かっちょいいから使おう、これラーメンでもカレーでも後ろに〇〇ハンターってつけるだけ)が押さえておきたい1本。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:その他 | 鹿部