京極町の名水公園でジンギスカン 噴出ガーデン

京極町 噴出公園

北海道の短い夏を名残惜しむべく、相方と京極町方面へドライブ。京極町の道の駅で各自、自由ランチにすることに。

「道の駅の中にレストラン有ったな」とのぞいたところ、まだ閉鎖中。後はテイクアウトのパンぐらい。

外の露店を見るとワンハンドグルメで「場所変えるカナー」と思ったが

相方はソフトのほうをロックオン(☆ω☆)

ランチがソフトだそうだ。

「まっいいか」と周りを見たところ営業中の赤い暖簾がある。お店は下に降りて行くようだ。

京極町の「噴出ガーデン」は現在ジンギスカンの専門店で随分と年期を感じる外観でした。

駐車場は京極の道の駅を利用できます。詳しい場所は食べログでご確認を。

お昼前、11時30分ころに入店。ジンギスカンをつまむグループが1組。

「1名です」と告げるといやそうに少々待たされる。奥のご主人に受け入れていいか聞きに行っている。

普段は1名じゃダメなのかな。まぁ、ナベ洗う手間考えれば1名は効率悪いしね。別に期待してたわけじゃないしいいかなと思うがどうやらOKらしい。

ただ今回のように1名のランチ使いとして見た場合は念のため他のお店も用意しておいた方がよさそうだ。オススメはできない。

さて現在のメニューは「ジンギスカン」のみ。客席にメニューがあるわけでは無く、ただ何人前ですかと聞かれるのみ。

このお店ではメニューを見せろ聞く方が間違いのようだ。

何人前と注文して、ライス、おにぎり、味噌汁を必要に応じて注文するタイプのお店でした。

メニュー

■で、今回のオーダー

◇ジンギスカン 1人前 950円

◇ライス 200円

奥で調理のご主人と忙しそうに動き回る年配の女将さんのツーオペ。前客には配膳済みのようで今回の私の注文には支障ありません。程なく着膳。

ただし、食事中に3組ほど入店していて、女将さん一人で注文確認、配膳、会計していた。片付けも一人かな?いっぱいいっぱいじゃないの。

下味をややつけたジンギスカンを自家製のタレに絡めていただきます。野菜は定番のもやしとタマネギです。

鉄のジンギスカン鍋に王道の蒸し焼きで一人ジンギ開始、最初の強火をジュージュー言い出したところで弱火にして仕上げて、もやしと一緒に一口。美味しいジンギスカンです。柔らかくて臭みもないし自家製のややニンニクの効いたフルーティーなタレに絡めるとごはんが進む。

このジンギスカンは万人受けするだろうな、と思いながら美味しく完食。もやし一本焦げ付かせませんよ。

自分のイメージはジンギスカン独特の香りが欲しい派で選択肢も無いので是非ここでとはならないと思いますが、クセが無いほうが好みの方には合うと思います。

絶対来ないというわけでもないのでそれなりのお星様、グループ使いなら問題無し、ビールを飲めるシチュエーションなら尚加点です。

食後のお冷がオイヒー。

ごちそうさまでした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連ランキング:ジンギスカン | 京極町その他