低山も急登続き 硬石山

kosekiyama
硬石山(豊平川河畔より)

 こんにちは。天気のいい休日には札幌近郊の山々をプラプラしているサツプラです。今回の休日はあいにくの曇り、ということで札幌低山巡り、硬石山に初登してみました。その時の登山記です。(2020年7月 曇り)

札幌50峰チャレンジ12/50座。今回は軽めのヤマレコです。

◆お山の紹介

 札幌50峰の一つ硬石山(かたいしやま、こうせきやま)。

 札幌から定山渓方向に走ると川沿から石山にかけて右側に出で来る、石材採掘のために2つに分かれているのが印象に残るお山。

 北海道札幌市南区にある標高397メートルの山で、名前の由来はそのまんま、明治5年に始められた採石が札幌硬石と呼ばれていたためだそうです。

 南側、豊平川対岸の河川敷には豊平川緑地があり、圧倒的な高度をもってそそり立つ硬石山の岩壁を眺めることができます。

kosekiyama
硬石山(豊平川緑地より)

 現在でも採石されているため東峰である三角点は立ち入り禁止となっていましたが、最高峰である中央峰までは夏山登山道が有ります。

 一般的な登山道とまではいきませんが、札幌50峰の挑戦者やトレーニングで手早く登れるお山で特に危険な箇所はありませんでした。

kosekiyama
硬石山(豊平川緑地より)

◆登山概要

山頂に向かう主な夏山登山口は1箇所

  • 石山橋横の入り口

 往復1時間ちょっとですので時間的には軽登山。ただし急登の連続ですので足元には注意が必要です。

硬石山登山口(夏山)~山頂ルート

往復距離 約1.8㎞
標高差  約260m 
山行時間 約1時間20分

◆登山準備

 往復一時間ちょっとの行程です。登山靴と水分程度、特に迷う箇所はありませんでした。

◆アクセス

■自家用車

札幌市南区の石山橋を目指します。

今回駐車した石山橋横の駐車帯をグーグルアースにプロット表示。グーグルマップを拡大すると車が駐車しています。

◆カーナビ入力

札幌市南区石山1条7丁目

kosekiyama (3)
石山橋横の取付道路
kosekiyama (4)
駐車帯

■公共交通手段

 石山通りをじょうてつバスが運行していますが、最寄のバス停、石山緑小学校から1.5kmで徒歩20分かかります。

kosekiyama
最寄のバス定

登山口~山頂

登山自体はあっという間。往復1時間ちょっとの低山でしたが最初から急登続き。先ずは畑の横を通り登山口へ。

kosekiyama (6)
登山口

林に入るとルート案内がついていました。どっち回りでも難易度は同じのこと。今回は西回りとします。

kosekiyama (10)
ルート案内
kosekiyama (11)
案内看板

広葉樹の中の急傾斜をひたすら登り続ける前半戦。

kosekiyama (13)
登山道

ちょっとしたガレバの急登箇所

kosekiyama
登山道

20分ほどで稜線に着くもアップダウンがあります。

kosekiyama
間もなく稜線

なぜか東回りと西回りに一凛づつクルマユリがいました。

kosekiyama
なぜか一凛だけ

道中、やや眺望も石山の町並がやっとでした。

kosekiyama
眺望

時間的にはあっという間、山頂広場

kosekiyama
山頂広場
kosekiyama
記念撮影
kosekiyama
記念撮影

三角点は立ち入り禁止です。昔、測量のために許可を得て三角点を使用したことがあります。昔はGPSがないので、三角点をよく使用していました。その時もめっちゃ急だった記憶だけは残っています。今回はテーブルタッチして下山。

kosekiyama
タッチ
kosekiyama
立入禁止

東回りの稜線に樹齢400年の大楢が突然現れました。これはちょっとびっくり。

kosekiyama
硬石山の大楢

で、とあえずタッチ

kosekiyama
タッチ
kosekiyama
硬石山(石山北公園より)

またね。

硬石山 7月の花

kosekiyama
ハルジオン

葉が舌状でなく楕円形でしたので、ハルジオンの方。真駒内周辺に見られる花。

kosekiyama
クルマユリ

うつむき加減のクルマユリ

硬石山アフター登山情報

近くにソフトリクーム屋さんを発見。登山口から札幌方向に石山橋を渡ってすぐのところにエリソンというお店。今回は時間が合わなかったので機会があればうかがいたいです。

Herisson
エリソン

関連ランキング:ケーキ | 真駒内駅

PVアクセスランキング にほんブログ村

前の記事

軽登山もできる 五天山

次の記事

苦登の価値有り 恵庭岳