藻岩山登山 慈啓会病院コース

藻岩山登山の魅力

 こんにちは。天気のいい休日には山歩きで日頃のストレス解消している管理人のサツプラです。今回は藻岩山の人気登山道、慈啓会病院コースから登った時の登山記の紹介です。まだ登ったことのない方の参考になるよう、まとめてみました。気分転換の一助になればうれしいです。

 (ナユタンせいじん風に)とぅっとぅるるっと るっとぅっとっと♪~と天気のいい土曜日。思い立ったらすぐハイキングできるのが藻岩山のいいところ。

 先週に引き続き旭山記念公園コース駐車場へ。第2駐車場はまだ閉鎖中で第1まで上がるも、満車です。旭山記念公園に散策に来る方さすがに多いですね。みんなどっか行きたいでしょ。旭山記念公園なら軽装にスマホだけあれば楽しめるし濃厚接触の危険は無い、気持ちいい散策がムリョーだしね♡。道行く若い人たちがスマホ片手にうれしそう。タノシンデネー。

 今回おっさんはあきらめて慈啓会コースに回ります。

 5つある藻岩山登山コースの中で最ももポピュラーな慈啓会コース。片道2.9キロメートルで大人の足で往復3時間弱。本当に札幌市民に愛されている登山コースでだっこされている0歳~生きていて自力で歩ける限り∞歳まで楽しめる登山道です。

 体育会系で全力でダッシュする学生、赤ちゃん抱っこしている若いお母さんや子連れの家族、犬の散歩、写真とりながら、観音様の参拝される方、玉切れしないマシンガントークのお母さん、ファイターズ戦聞きながら登るおっさん、夏場にはサンダルにTシャツでもはや登山ですらなく散歩として利用していたり、楽しみ方自由すぎる藻岩山。

 ってゆうかそもそも小学校の登山遠足コースなんだから札幌市民でハイキングしたいとか運動不足何とかって考えたらココに来ようとするの普通ですね。登りは息きれして汗かくけど、おそらく友達としゃべっていたり、考えごとしながらボーと登っていたらあっという間の3時間。

 ちなみに、旭山記念公園コースと比べて自分的マイナス点は帰り道が下りのみで、体が冷えること。旭山記念公園コースは帰り道であっても登る個所もあるのでそこで体があったまります。慈啓会コースはポピュラーですが、登り、下りのバランスが良く体力増進には旭山記念コースがオススメで、単に楽に楽しみたい場合は慈啓会コースがオススメです。

藻岩山へのアクセス

 麓にあるコース名そのものの慈啓会病院さんの駐車場とこちらもおなじみ藻岩33観音のお参り用に駐車場管理してくれている観音寺さんの駐車場があります。公共交通手段ご利用の方は地下鉄東西線円山公園駅からJRバス「循環円10・11ロープウェイ線」に乗り継ぎ慈啓会前下車、徒歩2分で登山道です。

  藻岩山山麓通りの旭ヶ丘5丁目、セコマさんのある交差点に札幌慈啓会病院の看板あります。曲がってすぐが札幌慈啓会病院の駐車場で登山利用での短時間駐車に解放されています。さらに上まで上がると観音寺の駐車場。藻岩山33観音参拝ようにこちらも使用できます。

 旭山記念公園コースも含め、藻岩山登山の魅力の一つに駐車場も含めて無料なことがあります。自家用車もっている方はとりあえずペットボトルか水筒に水だけいれれば準備OK。円山は有料駐車場の利用になるし、散策時間も短い。自家用車利用の方にはコスパは圧倒的に藻岩山が有利と見ています。

慈啓会コース案内

 片道1時間程度の登山道です。このルートは起伏が少なく、ひたすら登って行くルートとなります。

  慈啓会病院コースの登山道入り口にもトイレもあります。登山道は30㎝ほど雪残っていますが踏み固まっていますので普通の長靴とか防寒靴でもOK。あっという間に日本初のスキーリフト跡地にたどり着きます。ここで一休みする人も多いです。

 本日は40分ほどで馬の背の休憩場に到着。まだベンチは雪の中です。

 馬の背で一休みしてから一気山頂へ。登山道は人の通りが多いので、小鳥を除くとほとんど動物に会うことないです。たまにリス、ヘビくらい。夜間は熊も歩いているようですので熊鈴やラジオを持って歩きますが、気にしていない方も多いようです。

こんな時こそ藻岩山 慈啓会病院コース

 2020年4月4日現在、コロナウィルスの影響で藻岩山ロープウェーは運休中。観光客がいなくてガランとしています。逆に濃厚接触の恐れがなく原生林の中を散策する藻岩山登山は運動不足、ストレス解消にピッタリ。まだ行ったことない方は、こんな時こそ試してみてね。

自販機復活 2020年4月30日

 こんにちは。天気のいい休日には札幌を起点にした登山でリフレッシュしているサツプラです。

 本日の天気は快晴。温度も日中には20度近くまで上がりそう。

 札幌市民に人気の藻岩山慈啓会コースの駐車場、10時前には超満車です。

 本日のルートはこちら。馬の背まで1.8km、馬の背から頂上までは1.1kmでほぼ1時間のルート。

 出発は午前4:00。前着は1台。昼間は混雑するルートですがさすがに不気味でした。案内版にも熊情報は夜間が多いので夜間の登山は避けるようありました。散歩の常連風の方も歩いてきたので、熊鈴をつけて出発。

 昼間にはめったに見ないキツネや、写真は間に合いませんでしたが、ネコくらいの大きさのリスも見れた。

 徐々に明るくなってきました。木陰から朝日ものぞけます。

 せっかく早起きした休日の朝、普段は行かない他のルートも縦走するかと振り向いたところ前回来た時には閉鎖されていた自販機が復活してる。!!

藻岩山 旭山記念コース サツプラ
前回の自販機

 これでのどが乾いたら飲み物買えます。ゴミ箱は見当たらなかったので、空き缶、ペットボトルはお持ち帰りみたいです。

関連記事

旭山記念公園コースを初めての方はこちら

旭山記念公園コースの登山記はこちら

標高311mで40分ほどで登れる三角山の紹介はこちら

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村