えびスープ美味し えびそば一幻

いつもより帰りが遅くなり、こちらで夕食をいただくことにしました。

サツプラの年に一度は食べたいシリーズ、今回は地元札幌のえびそば編。

えびそば一幻さんはランチタイムなら行列のできるラーメンの有名店です。

私は並ぶのメンドッチーので、空いている時間帯に伺うようにしています。

ただ、相方もここのラーメンは好きなのでここで休日ランチする時は開店11時の20分くらい前に到着するようにします。

それでだいだい1周目か、たまぁーに2週目になるくらい。

で、入店。

今回はお店のウィルス対策紹介から。

張り紙ありますので指示通りに、消毒液のボトルの頭を押して手指の消毒、その隣に検温用の鏡があります。

鏡の丸に顔を合わせると、瞬時に検温されます。OKでてから店員さんの座席案内を待ちます。

今回は待ちはありませんので、すぐに着席。

メニュー選び

1.基本パターンのお味とスープ選び

■お味は3種

・味噌

・塩

・醤油

お好みでどうぞ。

■スープが3種

・そのまま

海老の旨味をそのまま堪能できるスープで比較的あっさりとしたスープ

・ほどほど

海老ととんこつスープをほどほどにブレンドしたスープ

・あじわい

とんこつスープの割合を増し、コクがアップされたこってりとしたスープ

初訪問で決められない時は、自分がこってり派、あっさり派、又はふつーが一番かをお店に伝えると、オススメ教えてもらます。

2.麺選び

太麺と細麺が選べます。

もちもちっとした歯ごたえ重視なら太麺、するするっというのどごしと食べやすさ重視なら細麺で。

3.ごはん物やサイド選び

ごはんもので、えびおにぎりをインザスープでダブルエビおじやがテレビで紹介されましたが札幌人が皆やっている訳ではありませんので、お腹の容量に合わせて選んで下さい。

ライスと小ライスのラインナップ。

後はチャーシュー、ギョーザ、味玉のシンプルなラインナップで食してみて合点が行きました。

ここのスープに余計な味は入れない方が良いと思うのが感想でしたので。

コロナ対策として平時で有れば卓上の味変グッズも今回はオーダー制でした。

■選べる味変

・おろしにんにく

・一味唐辛子

・エビオイル

・コショー

オーダー時なり、必要と思ったときは店員さんに求めてとのこと。

■で、本日のオーダー

えびしお、そのまま、細麺。

3味の中で特別、塩派というわけではありませんが、ここのエビの旨味を直接堪能しやすい味付けなので、最近は塩にすることが多いです。

5分程で着丼。

塩ですが、ミルキーに茶濁したビジュアルのスープ。

エビの旨味が詰まってました。

海老の旨味と鼻孔を抜ける風味、ほのかな甘みが感じられる濃厚なスープです。

チャーシューは正確に計測していないけど、1mm程のペラペラタイプ、味付けは薄目で主張してこない。

味玉も半熟、プルプルですが主張はしません。

そう、スープがメイン。

塩分はさほど強くないので、ぐいぐい食べれます、スープの味わいの邪魔をしない組み合わせのようです。

今回の味変オーダーはコショー。

普通の塩ラーメンのようにさっとふってみたけど、ここのスープは最後のまでデフォでも良さそうだ、別に辛みは不要のスープでした。

次回は濃厚なあじわい味噌あたりを太麺でいただくのも良さそうだ。

美味しく完飲、ごちそうさまでした。

えびそば一幻 総本店ラーメン / 東本願寺前駅山鼻9条駅資生館小学校前駅
夜総合点★★★★ 4.0